【初心者向け】アフィリエイト広告の貼り方

アフィリエイトで本格的に稼ぎたいと思っている方でも、いざ初めて広告を貼るとなると、どうやって案件を選び、どのように記事内に挿入すればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、そのような方向けにアフィリエイト案件の広告の貼り方を紹介していきます。

記事の内容

初めてアフィリエイトサイトの案件をブログに貼る方法を解説します(Word Pressブログを想定)

なぜこのような記事を書いているか?

ということですが、筆者もブログ開設してから初めてアフィリエイト広告を貼ろうと試みた際、ど素人過ぎて何も分かりませんでした。

初めての経験というものは、必ずといっていいほどつまずくものです。

なので、今回はそのような駆け出しブロガーさんや、同じような思いを持っている方向けに記事を執筆しました。

なお、今回の記事はWord Pressブログを書いている読者を想定していますので、それ以外のブログサービスを使っている方は別の記事を参考にしてみてください。

記事を読んだら

この記事を読み終えた頃には、広告の貼り方が分かるようになり、明日からのアフィリエイト記事執筆が捗る

このような状態を目指します。

今回は読みやすいように、ある程度簡潔にまとめていきますので、約2分ほどお時間いただきます。

早速見ていきましょう。

アフィリエイト案件を探す

まずは、サイトで案件を探していきます。

案件の探し方については、別記事で用意していきますので、今回は探し方の紹介は割愛します。

それでは見ていきましょう。

今回は、ValueCommerceで案件を探して見ます。

まずはログインして、管理画面TOPにある「広告」をクリック。

複数の項目の中から、今回は「詳細検索」から選んで見ます。

キーワードやカテゴリーから絞り込むことができます。

今回は、特定の案件を意識して検索する訳ではないので、「カテゴリー」から絞り込みをかけます。

動画系がいいかな〜と考え、「エンターテインメント」を選択します。

検索結果の一部を紹介します。

今回は、なんとなく「動画系サービス」を想定していたので、結果の中からイメージに近いものを選びます。

本当はもっと縦長のページですが、今回は検索上部に良さそうな案件があったので、こちらの「U-NEXT」を紹介していくことにします。

赤枠部分「広告素材を選ぶ」から、案件を進めます。

すると、「提携時の注意事項」というお知らせが出てきますので、「同意」で進めます。

※メール配信に同意するどうかの内容です。同意で進めて、メール配信が不要であれば後から停止の設定をすることが可能です。

同意すると、案件名の横に「提携済み」という文字が表れました 。

注意

「即時提携」している案件は、申し込み後にすぐ紹介することが可能です。

「審査あり」の案件は、申し込みしてから審査通過するまで、少し時間がかかります。

なので、今すぐに記事を書きたい!案件を紹介したい!という方は、「即時提携」の案件を探すと良いでしょう。

改めて詳細を確認します。

案件詳細の中に、「自由テキスト」と記載された広告、「U-NEXT」と記載された広告があります。

広告名を編集したい場合は「自由テキスト」、すでに成形されたテキストをそのまま貼り付けたい場合はこちらの「U-NEXT」(案件によって名前は異なります)で作成します。

赤枠部分「広告作成」をクリックしたら、広告コードが表示されます。

そして、「コードを選択」してコピーします。

ここまでが、「案件を探す」作業です。

続いては、コピーした広告コードを記事の中に貼っていく作業をしていきます。

広告を設置する

先ほどコピーしたコードを、Word Pressブログ内へ設置していきます。

下記のように、記事内へ貼り付けてみます。

プレビュー画面で確認して見ます。

「コード」が表示されているだけで、バナー画像が表示されていませんでした。

これを解決する為には、「テキスト」入力モードにする必要があります。

エディターを「ビジュアル」から、「テキスト」モードにし、コピーした広告コードをペーストします。

貼り付けたら、プレビュー画面で表示を確認します。

広告が表示されました!

うまく貼り付けができたようですね。

あとは、クリックしてきちんと遷移されるか確認をすればOKです。


今回は、広告の貼り方をご紹介していきました。

テキストモードへの切り替えができない方は、プラグインである「Classic Editor」を入れて見てください。

オススメのプラグインについては、こちらの記事で紹介しておりますので、あわせてどうぞ。

【Word Pressブログに必須】初心者にもおすすめのプラグイン4つ

今回の内容は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です