【ブログを収益化】Google AdSense設定方法

ブログを書き始めて約2週間が経過したので、Google AdSense審査を実施しました。

ブログを収益化していきたいと思う人がほとんどだと思うので、その設定方法を今回は解説していきます。

本記事の内容

収益化に必須のGoogle AdSenseの設定方法を解説します

下記のような流れで設定を進めていきます。

STEP.1
Google AdSenseの登録作業
情報を入力し、登録作業を進めます

STEP.2
Google AdSenseコード貼り付け
コードをWordPressブログ内に貼り付けます

STEP.3
審査待ち
ここでは特段作業は発生せず、結果を待ちます

STEP.4
結果を確認する
結果がきたら確認します。審査が通れば、STEP.5の広告設置へ。審査落ちであれば、改善し、再審査します

STEP.5
広告の設置
いざ、広告を貼っていきます。収益化を待ちましょう

作業自体はシンプルなので、さっとできると思います。

一緒に最後まで見ていきましょう。

その前に、Google AdSenseってなんぞや?と思った方もいるかもしれないので、簡単に説明しておきます。

Google AdSenseとは?

Google AdSenseとは、ブログ内に広告を貼り付けて収益を発生させる仕組みです。

収益が発生するパターンですが、クリックされて発生される成果報酬型と、表示されて発生するインプレッション型があります。

Google AdSenseの平均クリック単価は30円前後と言われています。

つまり、1クリックされたら30円の収益が発生するということです。

全ての人が広告をクリックしてくれる訳ではないので、ページを見てくれる数が多ければ多いほど、収益が発生する確率は高くなります。

Google AdSenseの収益公式

PV(ページビュー数)×CTR(クリック率)×クリック単価

仮にAdSense収益を1万円上げようと思うと、

33,333(PV)×1%(CTR)×30円(クリック単価)

というような計算になります。※CTRとクリック単価は平均値

1万円の収益を出すのに3万PVが必要なんだ・・・と思うかもしれませんが、扱う商材によってクリック単価は異なるので、単価相場の高いテーマやキーワードで記事を書くと良いかもしれないですね。

CPC(クリック単価)はキーワードプランナーで確認してみましょう。

STEP1.Google AdSense登録

それでは登録作業に入ります。

まずは、「Google AdSense」と入力してみてください。

クリックすると、このような画面に移ります。

「お申し込みはこちら」を押します。

中に入ると、このようなメールが送られるので、メールを確認します。

メールの「有効にする」をアクセスすると、画面になるのでこちらを入力していきます。

ちなみに、下部のメルマガは受け取っても受けとらならなくても大丈夫です。

入力が完了したら、情報に誤りがないか確認します。

赤枠の入力が完了したら、このような画面になるので、「次へ進む」で進めていきます。

次に、支払先の情報や住所等の個人情報を入力します。

入力が完了し次へ進むと、ブログ内へ貼り付ける用のコードが出てきます。

AdSenseコードをコピーしたら、STEP1は完了です。

注意
AdSenseのサイトは閉じずにこのままでいましょう

Google AdSenseコード貼り付け

STEP1でコピーしたコードを、WordPress内に貼り付けていきます。

僕の場合は「POLIPU」というSANGO公認の子テーマを使用しておりますので、POLIPUバージョンで解説していきますが、どのテーマも大きくは変わらないので、参考にしていただければ嬉しいです。

まずは、ダッシュボードからサイトをカスタマイズします。

カスタマイズ画面の中にある、「詳細設定」を選択。

先ほどコピーしたコードを、こちらの中に貼り付けます。

上部の「公開」を押します。

その後、先ほどのAdSenseの画面に戻り、「サイトにコードを貼り付けました」にチェックマークを入れ、完了ボタンを押します。

正しくコードが入力されて入れば、「コードが見つかりました」という表示が出ます。

これで審査は完了です。

通常は2日前後くらいで審査が完了するとのことですが、場合によってはそれ以上かかることもあるようです。

気長に待ちましょう。

STEP3.審査を待つ

ここまで完了したら、あとは審査を待つのみです。

このブログを書いている時点では、審査を待っている状態なので、完了したらまた更新していきます。

もし審査に落ちたら、改善策とあわせてレポートしていきたいと思います。

それでは、今回の設定作業はここまでです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です