アフィリエイトサイト 審査落ち後の対応方法【解決策あり】

下記のような状況に当てはまる方はいますか?

せっかくアフィリエイトサイトに登録してみたのに、審査に落ちたサイトがあったんだけど・・・

もしこの状況が当てはまるような方は、今回の記事を読み進めていただくことで、解決策がきっと見つかります。

筆者も、アフィリエイトサイトに申し込んでみたけど、審査通過しなかったサイトがいくつかあったので、今回はその対処法についてお話ししていきます。

焦らず、原因を明らかにしよう。今の自分にできていないこと、足りていないことを探してみよう。必ずヒントがあるはずだよ。

アフィリエイター

記事の内容

アフィリエイトサイトに登録したけど、審査落ちしてしまった際の対応について解決していきます。

今回申請したサイト

「おすすめのアフィリエイトサイト」という記事で以前紹介したサイト9つに実際に申し込んで見ました。参考記事はこちら。

おすすめのアフィリエイトサイト9選【全て登録価値あり】

今回申請したサイトと申請結果はこちらです。

  • ValueCommerce→通過
  • a8.net→通過
  • afb→審査落ち
  • もしもアフィリエイト→審査落ち
  • PRESCO→通過
  • seedApp→審査落ち
  • Zucks Affiliate→審査中
  • Smart-C→通過
  • アクセストレード→通過

9社中、審査通過5社、審査落ち3社、審査中1社という結果でした。

全部通るかな〜という気持ちでいたのですが、甘かったようです。

なんで審査に落ちてしまったの?というところが気になるポイントかと思います。

今回は、審査落ちになってしまった3社+ValueCommerceに関して解説していきます。

審査落ちとなってしまったサイト

今回審査落ちとなったサイトは3件あります。

筆者の申請時の状況は、下記の通りです。

・1月12日にブログを開設し、もうすぐで約3週間の運営期間
・基本的にはほぼ毎日更新してきた
・記事数が約20記事を超えたので、思い切って各サイトへ登録

それでは、審査落ちとなったサイトとその解決策についてお話ししていきます。

審査落ち①:afb

まず最初に審査結果が来たのが、afbでした。

夜20時頃に申請を行い、2時間以内くらいの10時頃のタイミングで審査結果が来ました。

「おっもう来たのか、早速準備していかないとな」と思い、メールを開いてみると・・・

「慎重なる審査の結果、今回はパートナーサイトとしてのご登録を見送らせていただくことになりました。」

正直、「えっ嘘でしょ?笑」みたいな感じだったと思います。

原因がわからなかったので、カスタマーサポートにメールで連絡してみるとにしました。

上記のメールを朝一で送りました。

すると、お昼前くらいに下記のような返事が来ました。

なんと!

「以前登録しているので、同一人物での登録はご遠慮願います」

ということでした。

実は筆者、このWord Pressブログを立ち上げる前に、はてなブログで3ヶ月間ブログを書いていました。

その時のブログは、テーマもよくわからないような雑記ブログだったのですが、確かにafbにも申請して、通過していました。

サイトが別なので、新たに申請が必要かと思っていたのですが、どうやらその必要はなかったようです。

サイト追加すれば、再審査してもらえるとのことだったので、早速追加申請をします。

メール記載のあった通り、管理画面の登録情報管理から「サイトの追加申請はこちら」をクリック。

中に入り、追加したいサイトの情報を入力します。

情報の入力が完了したら、間違いがないことを確認します。

問題なさそうであれば、申請します。

申請完了後、審査が完了すると下記のようなメールが届きます。

これで晴れて審査通過しました!

同一人物での登録はNGですが、複数サイトの登録はできるので、ブログを2つ以上運営している方は、サイト追加での申請で登録できます。

審査落ち②:もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトも審査落ちでした。

メールを確認したのが、afbの非承認内容を確認した後だったため、理由は容易に推測できました。

おそらく、「過去にすでに登録があり重複登録となった場合」という部分です。

こちらもafb同様に、マイページ→「サイト追加」から登録を希望するサイト情報を入力して、サイトを追加します。

もしもアフィリエイトに関しては、特に追加サイトの審査メールは届きませんでした。

なので、すでに過去に登録している場合はスムーズに追加サイトでの運営もできるようです。

審査落ち③:seedApp

seedAppに関しては、審査がやや厳しいという評判もありました。

seedAppからの審査結果メールが来たのは、登録した翌日の午後1時過ぎでした。

広告掲載基準を満たしていないということです。

また、結果に関する具体的理由は、お答えできないことがありますとのこと。

アプリに関する記事は一切書いていないので、もしかしたら内容的に認められなかったのかな?という推測をしています。

Smart-CやZucksでアプリ案件の内容を紹介しつつ、気長にseedAppに登録して見たいと思います。

番外編:ValueCommerce

ValueCommerceについては、審査通過しました。

一般的に、やや審査は厳しめかな?という印象です。

実際、僕がはてなブログで書いていた時にも登録申請をしました。

その時のメールがこちら。

管理画面の提供を終了、審査結果の理由は説明しませんという、なんとも非情な結果に。

この時はかなり悔しい思いをしたのを覚えています。

メールに記載のある「審査における必須情報」について、VCはこのように定めています。

難しい記載はなく、当時運営していたはてなブログでもそこまで乖離している要素はなかったはずですが、結果の内容を照会することはできないので、自分なりに考えて臨みました。

・サイトのコンテンツを分かりやすくする
・サイトのTOPに簡単でもいいので運営者情報を入れる
・アフィリエイトで収益が上がりそうなコンテンツを投稿する

この辺りを意識して、申請を迎えました。

コンテンツの内容は、すでに売れているブロガーの真似をしながら記事を書き、サイトTOPの構成に関しては見よう見まねで構築してみて、いつ申請が通ってもおかしくないように、収益性を意識しながら記事を書きました。

例えば、サーバーの案件があったら「ブログの開設方法」が必要だな、という具合に、案件意識→記事執筆のスタンスは常に持っていました。

その結果、今回は審査通過です!

今回は通過できてよかったです。

以前の失敗があったからこそ、本気で取り組むことができました。


今回は、アフィリエイトサイトに申請したけど、通過しなかった例について紹介しました。

一度落ちたからといって、二度と登録ができない訳ではないので、諦めずに理由を明らかにしましょう!

もし理由がわからない場合は、サイトの規約を読んで、改善ポイントを探して見ましょう。

場合によっては、サポートセンターへ連絡するのが早いこともあります。

自分で行動を起こすことによって得られる情報もたくさんあるので、前向きに取り組んでいけば、必ず解決策は見つかります。

今回の内容は以上です。

素敵なブログライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です